園部研 > > > Lc|English|Ger|Fre|Spa|Por|Ita
【22世紀へ!園部研】
壁紙,スタート,タスクバーが消えた時の復活術 壁紙,スタート,タスクバーが消えた時の復活術  

 以下の解決方法は,マイクロソフトmicrosoftのWindows 2000での話です.
 たぶんWindows NT, Windows XPでも同様に解決できるでしょうけれど確認できません(なさって見た方はメールで結果をお知らせいただけると助かります).
 Windows 95, 98, Me,その他のOSの方,ごめんなさい.

 問題点

 エクスプローラが異常終了で壁紙(画面の背景)が真っ青になることがありますね(shell falldown,シェル落ち,シェルが落ちる,シェルが落ちた,シェルが落ちちゃった,こける,こけた,こけてしまった,こけちゃった)

エクスプローラが異常終了で画面が真っ青(壁紙が真っ青),explorer abnormal end, blue background


 エクスプローラ(イクスプローラ,Explorer)とは,マイ コンピュータ(マイコンピュータ,My Computer),C:,マイ ドキュメント(マイドキュメント,My Documents),マイ ピクチャ(マイピクチャ,My Pictures),マイ ミュージック(マイミュージック,My Music),そして,「ファイルやフォルダの検索」などのファイル一覧画面を出しているプログラムです.ウィンドウの制御という重要な働きもしています.

 何かのはずみに起こります.たとえば,インターネット エクスプローラ(IE,Internet Explorer,InternetExplorer,MSIE,インタネ)の設定を行ってウィンドウを閉じるときにOKボタンをマウスで手早く連打した場合によく起こりました.
 また,かな漢字変換プログラム(富士通のOAKなど)を使っていて,かなから漢字に変換した瞬間に発生することは多く経験しました.
 どうもタイプ入力が速いとタイミングで起こりやすいようです.

 このとき,通常画面の下の端にある便利な道具がみんな消えてしまいます. スタートボタン(start button),タスクバー(task bar),タスクトレイ(task tray),タスクトレー,クイック起動バー(クイックランチャ)(quick launcher),(あれば)ユーザが設定したツールバー(toolbar, tool bar, bars,user bar)などです.
 これらが突然無くなって(急に,突如,missing,not found,消える,消滅,見えなくなる)しまうのでビックリしますね.(消えた,消えちゃった,きえた,きえちゃった,きえてしまった,隠れた,隠れちゃった,隠れてしまった,なくなった,なくなっちゃった,なくなってしまった,無くなった,無くなっちゃった,無くなってしまった,無い!,ないじゃん,消滅,何もできない,どうしようもない,見当たらない,どこにいって,どこに行って,どこかに,どっかに,vanish,vanished,disappear,disappeared,removed,hidden,deleted,removed,missing)

 でも,なにも「操作不能だろう」とあきらめて電源を入れ直したりリブート(再起動)をする必要はありません.
 それに,電源をいきなり切ることは,運が悪いと,使用中だったファイルやフォルダの破壊を招くことがありますので,なるべくやらない方がよいことです.

 こんなときに画面をすぐに復活(復旧,修復,元に戻す,直す,治す)する「奇跡の復活」の方法があります.


※ もし「バーが消えて操作不能のIE画面を復活する術」をお探しでしたら,別の記事で説明しております.


 解決方法

 次の順序で進めます.
  1. Ctrl-Alt-Deleteでセキュリティ画面を出して,「タスク マネージャ(T)」をクリックします.
     (Ctrl-Alt-Deleteとは,CtrlキーとAltキーを順序は構わず両方とも押して離さないでおきながら,Deleteキーを押すことです.離す順序はどうでも構いません.)
     (この画面から何もしないで戻ってきたい場合は,「キャンセル」をクリックします.

    Ctrl-Alt-Deleteでセキュリティ画面を出してタスクマネージャを起動する,タスク マネージャ,task manager


     すると,Windowsのタスクマネージャという管理プログラムが起動されます.
     (実は,上記の有名なCtrl-Alt-Deleteから行かなくても,Ctrl-Shift-Escを押すだけでも,タスクマネージャが起動します.)

    タスクマネージャ画面,タスク マネージャ,task manager


  2. タスク マネージャの「プロセス」タブをクリックしてプロセス画面にします.
     イメージ名が「Explorer.Exe」の行を見つけます(「イメージ名」をクリックしてABC順にすると見つけやすい).

  3. Explorer.Exeの上をクリックで反転して,プロセスの終了(E)のボタンをクリックします.もし,すぐ終了していいか聞いてきたら「OK」をクリックします.
     複数のExplorer.Exeがあれば,すべて同様に終了させます.

    タスクマネージャのプロセスタブでExpllorer.Exeを反転しプロセスの終了(E)をクリック


  4. また,もしかな漢字変換に失敗したようなプログラムのウィンドウが,閉じることができず,ウィンドウが汚れてもリフレッシュできない状態のときは,タスクマネージャを使って次のように終了させます.
     タスクマネージャのアプリケーションタブで「応答なし」状態のプログラムを右クリック‐プロセスの表示(G)をクリックします.

    タスクマネージャのアプリケーションタブで応答なし状態のプログラムを右クリック‐タスクの終了(G)をクリック


  5. タスクマネージャでファイル(F)から新しいタスクの実行(N)を選びます.

    タスクマネージャでファイル(F)から新しいタスクの実行(N)を選ぶ


     新しいタスクの作成(N)というウィンドウが出ます.

  6. 名前(O)の欄に「explorer.exe」と入力して,「OK」をクリックします.

    タスクマネージャの新しいタスクの実行(N)で名前(O)欄にexplorer.exeと入力してOKをクリック


     すると,真っ青だった壁紙が正しいものに戻り, これでスタートボタン,タスクバー,タスクトレイが復活するので,コンピュータの操作は一応可能になります.

  7. しかし,不完全な点がいろいろとあります:


    • タスクトレイ中に現れるアイコン群が減ってしまい,一部のアイコンは復活してくれません.プログラムひとつひとつが,こういう事態に対応した作りになっていないといけないそうです.こうなると,それらのプログラムを起動したいときに,デスクトップ上にあればアイコン,あるいは,

      スタート‐プログラム‐起動したいプログラム名

      のクリックなどで起動しなければならなくなって面倒ですね.

    • また,もし異常が起こる前に回線接続をしていたなら,切れてしまっているかもしれません.そういう場合は,もう一度回線接続をし直します.
       けれども,タスクトレイにいつもある,回線接続のアイコン()が消えているではありませんか! でも大丈夫.

      スタート‐設定(S)‐ネットワークとダイヤルアップ接続(N)‐お使いの回線接続名

      をクリックすればOKです.

    • タスクバー中のタスクバーボタンの順序が反転してしまうことがあります.
       これが起こったら,タスクバー全体領域の中でタスクバーの並んだ部分の先頭をドラッグして,位置を左右に変えているうちに直ることがあります.クイックスタートなどその他のツールバー(アイコン群)を登録していれば,それとタスクバーボタン部と左右入れ換えて戻すなどしてみます.

    • ブラウザのアドレス欄のアイコンをドラッグしてもアドレスをコピー アンド ペーストができず,ブックマークの整理が起動されてしまったこともあります.

    こんなふうに何かと不便ですから,作業が一段落してファイルの保存も終わったら早めに,

    スタート‐シャットダウン‐再起動

    で再起動しておきましょう.

手順おわり.

まとめ
  1. Ctrl-Alt-Deleteでタスクマネジャを起動します.

  2. 「プロセス」に「explorer.exe」があれば全部強制的に終了させます.

  3. ファイル(F)‐新しいタスクの実行(作成)(N)で,「explorer.exe」を起動します.

  4. コンピュータを使用して,とりあえず作業を継続します.

  5. あとでコンピュータを再起動しておきます.


 補足

(1)上に似た現象で,エクスプローラがエラー終了(クラッシュ,異常終了,ダウン,止まる,こける,コケる)してしまったあと自力で立ち上がってくれる場合があります.

explorerアプリケーションエラー, application error ,


 このように,「アプリケーション エラー」というウィンドウ(ダイアログ,ダイヤログ,対話ウィンドウ,dialog,dialogue)が出て
「エラーが発生したため、Explorer.exeを終了します。プログラムをもう一度開始する必要があります。(問題が発生したため、Explorer.exeを終了します。)
というメッセージが出ます.
 「OK」をクリックしてもしなくても結果は同じですが,クリックした方がログを取る時間が減って早く先に進むように思います.
 このとき,自動的にExplorer.exeを起動してくれるので,数十秒間真っ青になった壁紙(背景)が自分の設定したものに戻ってくれます.それはいいのですが,タスクトレイのアイコンが減ってしまう現象は上と同じです.同じように対処しましょう.

 特にWindows XPの場合,IMEツールバーをツールバーのタスクトレイの中に入れていると,このようなエクスプローラのエラー終了が起こりやすいという情報もあります.IMEツールバーをタスクトレイからデスクトップに出して様子をみてみたらいかがでしょうか.


(2)こんな現象もあります:

 かな漢字変換時(富士通のOAKなど)に,InternetExplorerのランタイムエラーが突然出てきて,かな漢字変換が終わらなくなってしまう現象です,

かな漢字変換時のランタイムエラー,ランタイム エラー,IE,InternetExplorer,Internet Explorer,runtime error


 「Microsoft Visual C++ Runtime Library(実行時ライブラリ)」というウィンドウで,
 「Runtime Error!(実行時エラー)
Program: C:\Program Files\Internet Explorer\IEXPLORE.EXE
abnormal program termination(プログラム異常終了)」
というものです.

 このあと,かな漢字変換が遅くなって変換の都度2秒くらいかかってしまい,とても困ります.

 この現象は,該当の応答なしプログラムを上記のようにタスクマネージャで終了させれば,復旧できます.
 ただ,強制的に終了させられたプログラムがファイルを修正していた場合,せっかく編集した内容がファイルに保存されないのは,仕方ないことですね.



  >>   園部研 順路   >>> 

                   
- Copyright © sonobelab.com, Masayuki Sonobe 2003-2017.
- 最終更新日 4917日前: 2004. 3. 6 Sat 10:22
- ページのアクセス数(2003.06.17〜) 00,341,359
- 園部研のアクセス数(2002.07.01〜) 10,134,355