園部研 > > > Lc|English|Ger|Fre|Spa|Por|Ita
【22世紀へ!園部研】
人にぶつからずに雑踏を横断する術 人にぶつからずに雑踏を横断する術  


 広場,駅の通路,遊園地,スクランブル交差点など,雑踏の中を自分の行きたい方に横切っていくのは,どうしても対向してくる人と鉢合わせしそうになって,なかなか大変ですよね.

 そこで,私の開発しました,雑踏を横断する術を伝授いたします.

方法1 【ストリング法】

 まず,自分と同じ方向に,行列状態で流れを横断している人達を見つけます.
 もしいれば,ラッキー!
 その人達のうしろにくっついて,同じ方向,同じ角度で横切っていきます.



 こうしますと,行列の前の人たちが道を作ってくれて,通ったあとに反対方向の流れに「真空地帯」ができていますから,ちょうど自分が通っていく道筋が自動的に空くような感じで非常に楽しく進んでいくことができます.
 人込みの中を整然と進む紐(string)のように見えるので,「ストリング法」と名付けました.

方法2 【押し流されたふり法】

 混んだ駅の通路で右折するのは大変です(左側通行の場合).ストリング法を実行したくても,混みすぎていて“先行部隊”が見つからない.
 そこで,対向車線――ではなかった,対向の人の流れまで近づいたら,自分がまるで忘れものをとりにバックしはじめたかのように,向きを逆転し,対向の人と一緒になって(図の下の方に)進みます.



 たしかに,目的地からは遠ざかります.でも,流されているふりをしながらどんどん左に寄って(クルマの車線変更のように),端まできたらまた方向転換して,本来の目的の方向にどんどん進みます.
 いったんスパイのように反対方向に流されるのはなぜかというと,人は面と向かって来られると心理的にも抵抗があってお互い避けるのが大変ですが,同じ向きで横に移動してこられるのは心理的にも物理的にも許しやすいようだからです.
 実際やってみると,意外にスムーズにいきます.
 それで,「押し流されたふり法」と名付けました.

方法3 【走り抜け法】

 急いでいるときは,人の隙間を見つけて駆け抜けると,これが意外にぶつからずにうまくいきます.



 だいたい,雑踏を歩いている人達は同じような速度ですから,1秒間に1メートル位しか動いていません.あなたが1秒間に10メートル……は無理にしてもかなり速く走ってしまえば,目星をつけた数十センチの隙間が人によって埋まってしまう前に,通過してしまうことができます.
 H. G. ウェルズのタイムマシンのSFでしたか,その中に,人より時間の流れが遅くなった自分が,ゴーストタウンのように動きがなくなった町で立ち止まっているかのような人の鼻先を自由に進む場面がありましたが,あの原理です.
 お急ぎのときは,人にぶつからないでスムーズですし,しかも走ることで早く行けますので,一石二鳥です.
 というわけで,「走り抜け法」と名付けました.

 お試しください.



* 雑踏関係の面白リンク

 ■ 花火大会の雑踏で事故に遭わないために小野里 公成さん「日本の花火ホームページ」


  >>   園部研 順路   >>> 

                   
- Copyright © sonobelab.com, Masayuki Sonobe 2002-2017.
- 最終更新日 2828日前: 2009. 7. 2 Thu 19:20
- ページのアクセス数(2002.08.28〜) 00,008,162
- 園部研のアクセス数(2002.07.01〜) 09,967,549