園部研 > > Lc|English|Ger|Fre|Spa|Por|Ita
【22世紀へ!園部研】
ボロボロの文書、なぜ読めるの? ボロボロの文書、なぜ読めるの?  

 こんなボロボロにした文書、残っている面積の方が少なかったり文字が丸々なかったりしていますが、あなたは読めますか?



大きなJPEG画像で見る

PDFでダウンロード

 このレベルまで文字が隠された文書ともなると、最新の光学文字読み取り装置(OCR)でも100%の識別は困難でしょう。ちょっとやってみましょう。

 【参考】文字読み取りソフトで認識させた結果

      ・地↓7、わ二μ4ふふ
。。。。山田幽一^由、奏、幽。滅戚蟻λ、圈遺品、、、滅、扇壷桑縦
{'土u小冷ρ・一'^ 山'』^'い“
!1^人;、一_一一 I一肌`)リ 同1"vリ」一γヂ〃》一
∵ノは、÷六ビ〕ピ∵て1引∴で六


 これはひどい。意味が全然とれませんね。ひらがながたまに当たったという程度ですね。

 可能にするには、文字だけでなく語やコーパス(例文)の膨大なデータベースを作ってその中からいちばん特徴のあったものを選び出す仕掛けや、さまざまな文脈に関する「深い知識」、そして高度な推論エンジンの開発が必要でしょう。いずれにしても、何年も何億円もかけて研究開発しなければ実用化できないと思います。

 歴史の研究者も,こういう一部の文字からの解読をしています.たとえば奈良で見つかった半分しか残っていない木簡(もっかん)

 これを作ったきっかけですが、前にこんなに倒錯しているのに読める文章を見かけて面白いと思ったので、では別のことをやってみようと思ったのです。>

ネタバレ注意 →正解


  >>   園部研 順路   >>> 

                   
- Copyright © sonobelab.com, Masayuki Sonobe 2015-2017.
- 最終更新日 846日前: 2015. 4.30 Thu 23:33
- ページのアクセス数(2015.04.19〜) 00,001,271
- 園部研のアクセス数(2002.07.01〜) 10,135,547